吉 野 ヶ 里 遺 跡

 吉野ヶ里遺跡は、吉野ヶ里町と神埼市にまたがる吉野ヶ里丘陵にある遺跡で、およそ50ヘクタールにわたって残る弥生時代の大規模な環濠集落跡で知られています。  物見やぐらや二重の環濠など防御的な性格が強く日本の城郭の始まりとも言えるものであり、1986年からの発掘調査によって発見されました。

現在は国営吉野ヶ里歴史公園として一部を国が管理する公園となっています。