名 護 屋 城

 唐津市と玄海町に広がる国特別史跡「名護屋城跡並びに陣跡」は、豊臣秀吉による文禄・慶長の役(1592年~1598年)の出兵基地であり、日本列島と朝鮮半島との長い交流史のなかで、その関係を一時断絶させた不幸な歴史の舞台です。

同時に、名護屋城跡を中心に半径3kmの範囲に広がるこの遺跡群は、全国から130を超える大名が集結し陣屋を構築して在陣すると言う、日本の歴史上にも類を見ない、広域かつ特異な遺跡群です。

 名護屋城は、1591年から1592年にかけてわずか5ヶ月で完成した広さ17万平方メートルの巨大な城で、当時は大阪城に次ぐ全国2番目の規模でした。現在は城跡の石垣が当時の面影を伝えています。 また、全国から集まった武士と商人で人口20万人を超える城下町が出来ました。 文禄・慶長の役では朝鮮半島から多くの人々が戦国大名によって日本に連れて来られました。

 その中の優れた技術を持つ陶工は九州各地で製陶を行いました。 佐賀県を代表する唐津焼、有田焼も彼らが作り始めたと言われています。