筑 後 川 昇 開 橋

 筑後川昇開橋は、国鉄佐賀線の鉄道橋梁として建設され、1935年(昭和10年)竣工、同年5月25日に開業しました。舟運との共存のため、橋の一部が可動式となっている可動橋には、旋回橋、跳開橋、昇開橋などがありますが、本橋は橋桁の一部が垂直方向に上下する昇開橋としては日本に現存する最古のものであり、橋の全長は507.2m、可動部分の長さは24.2m、昇降差は23mもあります。

 国鉄の民営化を前に1987年(昭和62年)3月27日限りで佐賀線は廃線となり、同橋梁も閉鎖され、筑後川を管理する当時の建設省からも撤去勧告がなされ、解体も検討されました。しかし、地元では橋存続の要望が強く、平成8年に遊歩道として復活し、現在では福岡県大川市と佐賀市諸富町のシンボル的存在となっています。 また、橋の両端には公園が整備されていて、現役当時の橋の姿のモニュメントや佐賀線に使われていた3灯式信号機や警報機などが保存されています。